Home

デンマーク 映画

最も大変だったのは、たぶん天気と海岸だろう。砂浜を80人ものスタッフが歩き回るんだから、常に足跡が残ってしまう。撮影が始まってから、自分の考えが甘かったということを実感した。撮影前は、たった一か所で撮影するのだから、準備したり、演出の指示を出したり、実際に撮影したりということにたっぷり時間を使えると思っていたんだ。でも、実際には足跡を消したり埋めた地雷を取り出したりということにたくさん時間を取られてしまった。正直、予想外だった。 感情的側面で言えば、いちばん大変だったのはちょうどいいバランスを見つけることだった。この作品は、ドイツ人を英雄視するような映画ではない。これは赦しについて描いていて、自分だったらこう接してほしい、と思うやり方で他人に接するべきだと伝えているんだ。そして、ラスムスンがちゃんと正しい道のりを歩んだということもしっかりと描き出したかった。ラスムスンが自身の中にある憎しみの感情を自覚すると同時に、変わっていく自分を感じ取っていく様をね。. 主人公アンネは「こういう人間にはなりたくない」と思わせる人物だ。北欧デンマークとスウェーデンで制作、映画祭で高評価を得た作品。MeToo. コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。19世紀デンマークの過酷な戦場に身を. デンマーク発一般映画”プナニ (年) ”で、美人女優が を晒してしまった件。 アメリカの有名芸術家が挑戦した短編映画の中身がすごすぎた件。 国際映画祭でも上映された海外発一般映画「インティマシー」のすごいその中身とは!.

これが、戦争だ アフガン戦争最前線アルマジロ基地 その映像に世界が驚愕したドキュメンタリー 年 カンヌ国際映画祭 批評家週間賞グランプリ 年 デンマーク・アカデミー賞 ベスト・ドキュメンタリー賞受賞 年 デンマーク映画批評家協会賞 ベスト・ドキュメンタリー賞受賞 年. Camilla Lehmannデンマークのモデル、女優身長174cm デンマーク 映画 B87W62H921990年コペンハーゲン生まれSpies & Glistrup英題"Sex, Drugs & Taxation"年デンマークの伝記映画監督クリストファー・ボー(特捜部Q カルテ番号64、他)年ロバート賞助演男優賞(ニコラス・ブロ)ほか4冠概要の適当な抄訳実際の出来事に基づく。 See full list on webdice. (c)Cinemarche 1987年、デンマークで生まれ。イラク移民の両親のもとで育ち、年にデンマーク国立映画学校を卒業。プロデューサーであるダニエル・ミューレンドルフと共に制作会社Hyæne Film を設立しました。 これまでに数多くの短編映画を制作、年制作の『Our Fathers’ Sons』はロッテルダム国際映画祭に招待され、デンマーク国立映画学校の卒業制作『Land of Our Fathers』は、年のドバイ国際映画祭で湾岸短編コンペティション部門のグランプリを受賞しました。 本作はサリム監督の長編デビュー作となります。. デンマーク 映画 仕事や責任をもった大人の人たちが幸せになる話がデンマーク映画は得意なのでしょうか。 四人それぞれにかばいあうつながりがあって、観ているこちらまで幸せな気分になれます。 デンマーク 映画 とくに「幸せになるための・・」が気に入った方にはお勧めです。. デンマーク映画「ニンフォマニアック」がポルノ映画よりもエロかった件。 白人娘の裸オンパレード!フランス発エロ映画「インモラル物語」はもう必見です。 年製作のドイツ映画、「bedways」がもうトンデモないことになってます。. 「しあわせな孤独」:コペンハーゲンの街を背景に、事故で揺れ動く人間の感情を女性監督ならでは感性で.

More デンマーク 映画 videos. サンダンス映画祭の観客賞受賞を皮切りに、圧倒的評価でアカデミー賞デンマーク代表作品に決定、女性監督初のデンマーク・アカデミー賞(ロバート賞)作品賞ほか主要9部門を受賞した『罪と女王』(英題:Queen of Hearts)が5月8日(金)より公開決定、本ビジュアルと予告編が解禁となった。. 。いちばん鮮明に覚えているのは、双子の片方が小屋にいて、ラスムスン軍曹を演じるローラン・ムラと一緒に座って話していて、双子の片割れを探しに行きたいと伝えるシーンだ。私も含め、制作チーム全員が泣いていたのを覚えている。全員がだよ。胸が張り裂けるようなシーンだったんだ。双子の片方を演じたエーミール・ベルトンは自分の演じるキャラクターをあれほど深く理解しているとは思わなかった。これまで一切、演技経験が無いにも関わらずだ。彼は、近しい者を失うということがどういうことなのか、その本質を非常にうまくとらえていた。これは、ローラン演じるラスムスン軍曹にとって非常に重要なことなんだ。 そして、これは彼にとってのターニング・ポイントになった。「よし、今こそがラスムスン軍曹の変化を描くべき時だ」と思ったんだ。 現代にも通じることを伝える作品に.

デンマーク映画「罪と女王」・ホモサピエンス全史デンマークの映画賞を総なめしたQueen of Hearts。邦題は「罪と女王」。東京テアトル系で絶賛公開中。再婚した夫の子供と関係を持ってしまう敏腕弁護士の妻。彼女の仕事は主に家庭内暴力や性暴力の被害者の少女たち。「矛盾して聞こえるかも. さて、おなじみ映画鑑賞です。 今回は平成27年(年)公開、マーチン・サントフリート監督によるデンマーク映画「ヒトラーの忘れもの」(Under sandet)です。 映画『ヒトラーの忘れもの』予告編 時は第二次世界大戦において、ドイツに実効支配されていたデンマーク。 昭和20年(1945年)5月. (c)Cinemarche とにかく冒頭から続く衝撃、衝撃の連続に、非常に驚かれるかもしれません。 一方で、サリム監督はQ&Aの前に「この作品は暴力的な描写もあり、衝撃的な部分もあったかと思います。ただこの作品に込めたメッセージは逆であって、極端なものを描いてますが、思いはその対極にあるものを込めています」と語っています。 その意味で、本作は作品としての完成度の高さもありますが、評価されるべきは作品自体に込められたメッセージ性にあるといえます。 ひとえに映画に描かれた展開にならない社会を目指すため、我々がどうすべきかを常に考えるべきであるということに他なりません。 近年、こうしたメッセージを込めた作品はあまた発表されていますが、複雑な展開を構成している一方で、メッセージとしてはダイレクトに伝わってくる印象もあり、制作側の情熱があふれていることを感じることができる作品といえるでしょう。 【連載コラム】『SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら. デンマークの映画運動ドグマ95のルールに従い、スサンネ・ビア監督、ソニア・リクター、マッツ・ミケルセンら出演で、突然の不幸に見舞われ. (c)Henrik Ohsten / (c) SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee. 「デンマーク映画」の記事一覧です。 動画配信サービスはどこがおすすめ?映画オタクが徹底比較してみた. All right reserved. 21日に行われた映画祭のクロージングにて、本作が国際コンペティション部門で「監督賞」を受賞したことが発表されました。サリム監督は、笑顔で受賞の喜びを語りました。 (c)Cinemarche サリム監督:(受賞は)とても驚きましたし、とても嬉しかったです。 また今回デンマークで作ったこの映画が、日本というこんな遠いところまで来て評価していただいたというのは、自分が映画監督としてやっていることが間違っていないとも感じられ、次回作へのモチベーションにもなりとても勇気づけられています!.

その衝撃はサンダンス映画祭の観客賞受賞で始まり、圧倒的国内評価でアカデミー賞デンマーク代表作品に決定、そしてデンマークが誇る偉大な女性監督スサンネ・ビア、ロネ・シェルフィグですら成し得なかった女性初のデンマーク・アカデミー賞(ロバート賞)作品賞受賞ほか圧巻の主要9. 【上映】 年(デンマーク映画) 【英題】 Sons of Denmark 【監督】 ウラー・サリム 【キャスト】 ザキ・ユーセフ、ムハンマド・イスマイル・ムハンマド、ラスムス・ビョーグ 【作品概要】 スタイリッシュな映像の中に、世界的に緊張が高まっているナショナリズムの現実を映し出した、衝撃のラストまで息もつかせぬ政治サスペンスの傑作。 本作は、今年のロッテルダム国際映画祭のタイガー・コンペティション部門に選出され、その後も、ヨーテボリ国際映画祭、全州国際映画祭など多くの映画祭で上映され、高い評価を得ています。 またアリを演じたザキ・ユーセフは、本国デンマークでは俳優のみならず、TVシリーズの脚本家としても活躍しています。. 年デンマーク・アカデミー賞に輝いた『アダムズ・アップル』が昨年10月19日から全国の劇場で順次公開中。. っていうのが簡単にわかるんだよ。その序列を、実際に配役に生かしたんだ。 撮影の中で、その序列が大戦当時に実際に少年兵たちの間にあったであろう序列と似たようなものへと発展していく様をカメラに収めることができたのも、とても興味深いことだった。物語の中で、少年兵たちの何人かは地雷に吹き飛ばされて、ドイツに送り返されるんだけれど、実際の少年たちも、友人がいなくなったことに喪失感を感じていたんだ。映画の中で地雷に吹き飛ばされた者はドイツに戻るから、まるで彼らが本当に死んでしまったかのように寂しがっていたんだよ。もちろん、それでも撮影は続けたけどね。 近しい者を失うということの本質をとらえた演技. 1971年、デンマーク・フレゼリシア出身。演出・脚本を独学で学んだ後、編集マンとしてキャリアをスタートさせる。さまざまな監督によるドキュメンタリーの編集を手掛ける中、初監督を務めた『Angels of Brooklyn(原題)』(02)がロバート賞(デンマーク・アカデミー賞)最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞。09年、『Applause(原題)』で長編監督デビューを果たし、各方面から高評価を得る。本作は、ニコライ・リー・コスを主演に迎えた『Dirch(原題)』(11)に続く監督3作目となる。現在、ジャレッド・レト、浅野忠信出演の『The Outsider(原題)』を準備中。 映画『ヒトラーの忘れもの』 12月17日(土)、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開 1945年5月、ナチス・ドイツによる5年間の占領から解放されたデンマーク。ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の地雷を除去するため、捕虜のドイツ兵たちが駆り出された。セバスチャン、双子のヴェルナーとエルンストらを含む11名は、地雷を扱った経験がほとんどない。彼らを監督するデンマーク軍のラスムスン軍曹は、全員があどけない少年であることに驚くが、初対面の彼らに容赦ない暴力と罵声を浴びせる。少年たちは祖国に帰る日を夢見て死と背中合わせの苛酷な任務に取り組むが、飢えや体調不良に苦しみ、地雷の暴発によってひとりまたひとりと命を落としていく。そんな様子を見て、ナチを激しく憎んでいたラスムスンも、彼らにその罪を償わせることに疑問を抱くようになる。とりわけ純粋な心を持つセバスチャンと打ち解け、二人の間には信頼関係や絆が芽生え始めていた。 脚本・監督:マーチン・サントフリート 出演:ローラン・ムラ、ミゲル・ボー・フルスゴー、ルイス・ホフマン、ジョエル・バズマン、エーミール・ベルトン、オスカー・ベルトンほか プロデューサー:ミケール・クレスチャン・リークス/マルテ・グルーナート 撮影:カミラ・イェルム・クヌスン 編集:モリー・マリーネ・スティーンスゴー/ピア・サンホルト 音楽:スーネ・マーチン 美術:ギデ・マリング 衣装デザイン:シュテファニー・ビーカー キャスティング:ジモーネ・ベアー 原題:LAND OF MINE (東京国際映画祭上映時タイトル「地雷と少年兵」) 年/デンマーク・ドイツ/カラー/ドイツ語・デンマーク. 『ヒトラーの忘れもの』は、第二次大戦直後の時期を取り上げている。デンマーク政府によって同国の海岸に連れて行かれ、そこに埋められた地雷を除去するよう強いられた11人の幼いドイツ人兵士たちの物語だ。 最初に、デンマークの戦争の歴史における暗い側面について描いた映画を作ろうと思い立ったんだ。戦争において自分たちがいかに正しかったのか、どれほど人々の助けになったのか、という話はよく聞くことだ。だが、どの国の歴史にも暗い側面があると私は信じてる。そういう経緯で、リサーチを始めたんだ。. 『ヒトラーの忘れもの』を観るべき理由は、この作品は第二次大戦についてだけでなく、人間の振る舞いについても描いている映画だからだ。戦時下で、または戦後、人間がお互いに対してどのような態度を取るのかを描くと同時に、“怪物”を倒そうとして自分自身が“怪物”になってしまってはいけないと警鐘を鳴らしている。そして、人間は過ちから学ぶのだということと、たとえ自分の信念は正しいと思っていても、その信念とは異なる方向に進んでもいいということを伝えている。 これは、現代においても通じる重要なことだと思う。難民に対してどういう態度を取るべきか、国境を開放するのか、または一般的な憎しみや恐怖ということに関してね。本作においてラスムスン軍曹は、少年兵たちのことを知るにつれて、彼らが自分と同じ感情を抱えていて、同じものを必要としていることに気づく。食べ物だったり愛だったり、そういったものだ。ラスムスン軍曹と同じように、私たちも互いに十分な時間を一緒に過ごせば、相手のことがわかってくると思うんだ。今、私たちが生きているこの世界でもね。我々みんな、同じ物を必要としているんだ。 だから、この作品は昔の出来事を描いたありきたりの戦争映画ではなくて、現代にも通じることを伝える作品になってたらいいと思ってるよ。. 衝撃的なテロの瞬間から幕を開けるこの物語。そのショッキングなシーンに、見る人はいきなり映像に引き込まれていくことでしょう。 そして次に現れるのは、極右政党の党首、ノーデルが行う過激な発言、そして対立する移民たちの理不尽な犯行、ついにはノーデルの暗殺計画というとんでもない展開へ物語は進みます。 その裏で暗殺の責任を負ったザカリアですが、彼は移民グループの一員であるということを除けば、愛する母、弟と暮らす一人の平凡な人間であり、自分たちの生活を賭けて大きな犠牲を払うことになります。 彼の持つ事情、そしてこの行動は、物語の冒頭に描かれた衝撃的なテロの一場面と非常に対照的で、この物語に描かれる様々な理不尽さがどれほど酷いものかを深く表しているようでもあります。 一方、物語はここで終わりではありません。実はノーデルの暗殺の一幕が終わった段階で、物語は本当の始まりを迎えます。 ノーデルの暗殺のために、彼の家に押し入ったザカリア、その顛末から本当のスタートに向かうまでの経緯は、見る側に混乱すら与えることでしょう。 しかし、ここからがまさにこの映画の本題。息を突かせぬサスペンスとどんでん返しの連続にさらに引き込まれ、予想だにしなかった衝撃的なラストを見終えれば、非常に重苦しい思いの中で、こうしたナショナリズムの問題に様々な思いを巡らせていくにちがいありません。 例えばデンマークから遠く離れた日本であっても、果たして自分たちの国は大丈夫なのかと改めて考えたくなるかもしれません。 作品を手掛けたサリム監督自身が移民の親を持つというバックグラウンドを持つが故、映画作りに向けた情熱もうかがえるところでありますが、とてもこれが長編デビュー作とは思えない、その完成度の高さは必見です。.

現在公開中の映画『ミッドサマー』が話題となっている。夏至祭はクリスマスと並ぶ、スウェーデン人にとってもっとも重要な年次行事の一つで、毎年国民総出でお祝いをする。民族衣装やミッドソンマルクランス と呼ばれる花かんむりを纏い、白樺の葉と野の花で飾られたメイポールの周り. 映画『THE GUILTY/ギルティ』 公開日:年2月22日(金) 新宿武蔵野館/ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開 出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー 監督・脚本:グスタフ・モーラー 製作:リナ・フリント 脚本:エミール・ナイガード・アルベルトセン 撮影監督:ジャスパー・スパニング 編集:カーラ・ルフェ 原題:The Guilty. 14日の上演時にはサリム監督が登壇、舞台挨拶を行うとともに、会場に訪れた観衆からのQ&Aに応じました。 (c)Cinemarche ──ラストでは、異なる折り合わない意見に対し暴力で解決するということで、ノーデルが言っていることを肯定しているようにも見えますが、このラストとした意図を教えていただけますでしょうか? ウラー・サリム監督:(以下、サリム監督)今の社会は非常に極端な思想を受け入れ、それをまるで正しいかのように扱っており、その意味では社会が崩壊していると思います。だから私はラストの展開が正しいという思いで見てほしかったのではなく「他の道があるのではないか」ということを考えてほしいと思ったのです。 極端な意見というものが、今は社会に蔓延しており、それが普通であるかのように感じられ、逆にまともな人が自分を見失い、間違った道に行くような社会であるともいえます。 もちろん映画の中でのお話なので、私は映画の中では、最悪のシナリオを提示することもできます。でも作品作りではそういった答えを示すのではなく、最良の方法があるではないかということを問う、という意図がありました。 ──冒頭にあるテロの一年後のシーンで、慰霊碑に年と記載されていましたが、この物語は未来を想定したものということですね。 サリム監督:そのとおり。これはまだ先の話、デンマークでまだ起きていないフィクションだということを提示したいと考えました。 この映画ではああいったテロリストの攻撃があれば、社会において不満やフラストレーションなどが蓄積され、また嫌悪の感情、ヘイトが高まると、こういったノーデルのような政治家が台頭してくる、ということを示したかったんです。 合わせて感情に任せて暴走する、そういった方向に行きやすいという傾向もあるので、そういうものを見せたかったというのが意図です。 (c)Cinemarche ──5年後に過激なことが起こるだろうという一つの提示ですが、最近のヨーロッパのニュースからは、5年たたずにそういうことが起こるのでは?という危険性を感じることもあります。監督はその点、どうお考えでしょうか? サリム監督:そうですね、これはある意味パラドックスというか、相反する皮肉な状況だと思うんです。 ある視点から見れば、今という時代は“こんないい時代はない”とも思える。教育を受ける機会の. エルフェルト制作のデンマーク最初の映画 『 Kørsel med Grønlandske Hunde 』(1896年もしくは1897年)の一場面. 映画 『THE GUILTY ギルティ』公式サイト 年2月22日 (金)公開 。. . デンマーク映画には、ラース・フォン・トリアー監督のダンサー・イン・ザ・ダークや、グンナル・ヨンソンが出演する好きにならずにいられない、ボーダー 二つの世界などの作品があります。.

」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が. それがデンマーク映画『バベットの晩餐会』です。 辺境 の村に住む老姉妹の穏やかな日常を描いた導入部と、主人公バベット の調理風景やゴージャスな晩餐会の様子を詳細に再現したクライマック スが見事なコントラストを醸し出した映像は、見る者を. デンマーク国立映画学校を年に卒業。在学中に初長編『The Elite(原題)』を撮影し、年CPH PIX映画祭でグランプリを受賞している。 1989年生まれ、デンマーク・コペンハーゲン在住。フィクションからコマーシャルまで、手がけてきた作品は多岐に.

デンマーク・コペンハーゲンの街中で、他愛もない話をする一組のカップル。女性は彼氏に別れを告げ地下鉄の構内に向かいますが、彼女が階段を下りたとき、突然大きな爆発が。その衝撃的な光景に、男性は呆然とするばかりでした。 一年後、多くの献花を背に、テレビカメラに向けて自身の政治論を展開する男性がいました。 彼の名はノーデル。極右政党の大統領候補として名乗りを上げた彼は移民を弾圧し、デンマーク国民の生活を守るという過激な発言を繰り返し、移民たちから大きな反感を買っていました。 一方、移民の中から対立するグループも現れます。その中で貧しいながら家族とともに幸せに暮らしていた19歳のザカリアは、同じグループに所属するアリととともにノーデルの暗殺を行うことを命じられます。 しかし、そこには大きな落とし穴が。そして物語は予想だにしなかった波乱の展開を迎えるのでした. デンマーク映画が面白い! スタジオジブリの鈴木敏夫氏も賞賛! 映画『アダムズ・アップル』 全国順次公開中! イントロダクション. the guilty ギルティの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するという、シンプル.

この脚本で描きたかったのは、「目には目を」という心理についての物語だ。それはうまく機能しないし、私たちは人間として、自分だったらこう接してほしい、と思うやり方で他人に接するべきなんだということをね。でも、これはバランスが微妙なんだ。第二次大戦においてのドイツは、通常は全世界を敵に回した悪の国家として見られている。でもこの映画に登場するドイツ人は、純朴な少年たちだ。それでもやはり、バランスは微妙だ。だって、その少年たちがデンマークの海岸に来る前にどんなことをしてきたのかは、私たちにはわからないからね。 この話について書かれた歴史書は1冊もない. 『ニンフォマニアック』 (C) ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL デンマーク 映画 KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA. 『THE GUILTY/ギルティ』は、デンマーク発の新感覚サスペンス。“電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する”というシンプルな設定ながらも、緊迫感に溢れた予測不可能な展開で、観る者を圧倒する。視覚情報がない中、劇中に溢れる様々な“音”の中から、犯人を見つけ出せるのか――。人間の想像力を縦横無尽に操り、試していくかのような映像表現が繰り広げられる。 デンマーク 映画 真夜中の緊急指令室の中で、いつも通り一本の通報を受けた主人公・アスガー・ホルムが、電話の相手の様子にどこか違和感を覚える。そのやり取りから、電話先の女性が誘拐されているということに気付くが、事件解決の手掛かりは電話の音だけ。果たして、アスガーはこの<見えない事件>にどう立ち向かうのか。. See full list on デンマーク 映画 cinemarche. デンマーク映画『罪と女王』が、6月5日(金)から公開!年デンマーク アカデミー賞主要部門を総なめし、各国の映画祭で喝采を浴びた話題作。よくある不倫話ではなく、優れた心理サスペンス映画です!見どころをご紹介♪. デンマークは5つの地域(レギオーン、デンマーク語: regioner 、単数形 region )に分かれ、98の基礎自治体(コムーネ)がある。 地域は、伝統的な13の県を置き換えるもので、 年 1月1日 に「デンマーク自治体改革」の一環として設立された。.

つまり、すべての役に当てはめられてキャスティングされたんだ。自分がどの役を得られるのか知っている者はいなかった。少年5人を1つの部屋の中で互いに組ませて演技をさせて、それぞれがどの役に適しているかを見極めようとした。こうやって少年たちが集まっていると、すぐに、彼らの中で序列が自然とできあがるんだよ。それが面白かったね。ああ、なるほど、彼がリーダーで、彼が負け犬で. 。. デンマークのアカデミー賞と言われる映画賞で作品賞など最多6部門を受賞した。 母が病気となり、13歳のエリックと10歳のエルマーは少年養育. . キャスティングに関しては、私はいつもミヒャエル・ハネケに触発されてきて、彼の配役の仕方が気に入っていたんだ。だから、「ミヒャエル・ハネケ作品のキャスティング・ディレクターは誰だ?」とスタッフに尋ねて、それがジモーネ・ベアーだとわかったんだ。それで、彼女のもとを訪れて、どんな人材を求めているのか、どんな子供を探しているのかを伝えた。そうしたら彼女は、少年たちをたくさん連れてきた。街中でスカウトした子たちをね。その中には演技の経験がない子もいたし、ある子もいたんだ。 セバスチャンを演じたルイス・ホフマンと、ヘルムート役のジョエル・バズマンには演技経験があった。でも基本的に、起用した時点では彼らはみんな同じ役に. 記憶に残っているような瞬間はたくさんあるよ。何かしらの困難があったせいで覚えていることもあるし、その他は.

映画『ナイトクローラー』などの俳優ジェイク・ギレンホールが、話題の デンマーク映画 『THE GUILTY/ギルティ』の米版リメイク作品で主演を務める。. デンマーク映画。北欧サスペンスの傑作『真夜中のゆりかご』 『未来を生きる君たちへ』でアカデミー外国語映画賞に輝いた、デンマークの女性監督スサンネ・ビアと脚本家アナス・トーマス・イェンセンの名コンビによる、北欧サスペンスの傑作。. 数々の賞を受賞し話題を集める本作のハリウッドリメイクが決定。主人公は、映画『ボストン ストロング 』をはじめ、『ナイトクローラー』や『サウスポー』で主演を務めたジェイク・ギレンホールが務める。また、オリジナル版の監督であるグスタフ・モーラーと、製作のリナ・フリントが、リメイク版のエグゼクティブ・プロデューサーとして製作に加わることも決定。さらに磨きがかかった巧みな演出にも期待したい。.